厳選 電気工事の通線・延線工具(吊り金車)

スポンサーリンク

電気工事士が厳選した通線・延線工具(吊り金車)

電気工事でする通線・延線工事に使う通線・延線工具(吊り金車)を紹介してます。

 

電気のケーブルを中空で支持するためにメッセンワイヤーに
ケーブルフックを使って支持することも多いと思います。

 

街中でバケット車に乗って、
ケーブルを敷設してるところを見かけることもあると思います。
このときに行ってる中で、先に述べたような作業を行ってることもあり、
また、大きな工場の敷地内に建つ建物間に
電力ケーブルなどを敷設することもあるでしょう。
このような時も、メッセンワイヤーを使って行うことがほとんどです。

 

このメッセンワイヤーにケーブルを敷設する際に使うのが吊り金車です。
メッセンワイヤーに吊り金車を取付けて、
そこに敷設するケーブルを通して、最後にケーブルハンガーを取付けて、

株式会社 高文


ケーブルをメッセンワイヤーに吊り下げて完成です。

 

仮に吊り金車が無く、重いケーブルを持ち上げながら、
この作業を行うとなると、かなりの体力が必要ですし、
吊込み間隔をそろえるのも大変ですから、
一度ケーブルハンガーを取付けてから、間隔を調整しなくてはならず、
二度手間になってしまって、作業時間が長くなってしまいます。
こんなことをしてたのでは、
道路だったら車や人の通行に支障をきたしてしまいます。
これは、工場の敷地内でも同じで、
作業中通行止めなどの措置を取らなくてはならなくなり、
搬入業務などの妨げになるので、
長時間通行止めにすることはなかなかできないものです。

 

ですから、吊り金車を使って手早く敷設することが求められます。

 

吊り金車は、屋外だけでなく屋内配線でも活用することもあり、
電気工事の中ではよく使う道具の一つです。

 

電気工事を行うなら持っておきたい道具の一つだと思いますが、
吊り金車は、一つでは使い物にならず、
ある程度の数が必要だし、使う箇所によって金車の形状も違います。

 

下からの引き上げ部分には4連金車を使うなど、
どのようにケーブルを扱うかで使い分けなくてはならないので、
種類の違うものも用意しておく必要があるので、
揃えるとなると、かなりの出費は覚悟しなくてはなりませんが、
必要経費だと割り切って買うしかないでしょう。

 

そのときの参考になればと、私が使ってるものなどを紹介しておきます。

育良精機(IKURA)


育良精機(IKURA)
吊り金車(小) IS-OW1
育良精機 [IS-OW1] 吊り金車 ISOW1


育良精機(IKURA)
吊り金車(大) IS-OW2
【あす楽対応】 育良精機 [IS-OW2] 吊り金車 ISOW2


ボタン画像育良精機 [IS-OW1] 吊り金車 ISOW1

ボタン画像育良精機 吊り金車(小) IS-OW1


ボタン画像【あす楽対応】 育良精機 [IS-OW2] 吊り金車 ISOW2

ボタン画像育良精機 吊リ金車(大) IS-OW2

通常の吊り金車はこれを使ってます。
大小それぞれ必要数を揃えて、いつでも持ち出せるように
コンテナボックスに収納して倉庫に保管してます。
現場で使うと、足りなくなることが多いものなので、
数を把握して最後に必ず確認するようしてます。
屋外作業の場合は簡単に目視できるので、まず足りなくなることはないが、
屋内で使ったときには外し忘れがあったりすることが多いものです。

 


育良精機(IKURA)4連金車 IS-4WH


ボタン画像育良精機 [IS-4WH] 四連金車 IS4WH

ボタン画像育良精機 4連金車 IS-4WH

4連金車はこれを使ってます。
金車などは、信頼のおける育良精機のものを使うようにしてます。
やっぱりこの手の道具は、育良精機のものが一番だと思うので、
私は、電気工事を始めてからずっと育良精機の製品を使っています。
この4連金車には、私が使ってるタイプと別のものがありますので、
どちらが良いのかは、みなさんで判断してください。
因みにもう一つのほうが価格的にはリーズナブルですので、
紹介しておきます。

 

4連金車


育良精機(IKURA)4連金車 IS-4W


ボタン画像育良精機:四連金車 IS-4W

ボタン画像育良精機 4連金車 IS-4W

4連金車のもう一つのものですが、設置するのがちょっと面倒なので、
私は持ってませんが、よその電気工事屋さんの応援に行ったときに使ったことがあります。
印象としては、使いにくいとしか言いようがありません。
やはり私が使ってるもののほうが使いやすいです。
その分高いですけど、最初に使いやすいものを選んでおけば、
その後何年も使えるんですから、それを考えたら初期投資だと思って、
使いやすいものを選ぶべきだと考えます。

 

次はハンドホールでの入線作業に使うものです。
ケーブルローラー三連コロ


育良精機(IKURA)
ケーブルローラー三連コロ ISS-3600


ボタン画像育良精機:三連コロ ISS-3600

ボタン画像育良精機 三連コロ ISS-3600

見てわかるように、ハンドホールの角でケーブルが擦れて
傷つかないために使うローラーです。
ケーブルウインチで引っ張ったりすると、
ハンドホールの角でケーブルが擦れて傷ついてしまうので、
それを防ぐために必要なのがこの3連コロです。

 

このほかに、配管からケーブルが出てきたところを
スムーズに引き出せるようにするために、こんな製品も販売されてます。
ハンドホール用シーソー金車


育良精機(IKURA)シーソー金車 IS-CBM1


ボタン画像育良精機 シーソー金車 IS-CBM1 安全最大荷重9.8kN

ボタン画像育良精機:シーソー金車 IS-CBM1

ハンドホール内の配管出口付近に設置して使うものです。
使い方を図で示したものが下の画像です。
育良精機(IKURA)
※育良精機ホームページより
これを見る限り、使うといいのはわかるんですが、
いかんせんこれだけのために、この価格はちょっと・・・

 

このほかに使える金車を紹介しておきますので、
気になるものは、チェックして内容を確認してください。

育良精機(IKURA) 多目的金車


育良精機(IKURA)多目的金車 IS-3W65


育良精機(IKURA)多目的金車 IS-3W85


ボタン画像育良精機 多目的金車 IS-3W65

ボタン画像イクラ(IKURA) 多目的金車 IS-3W65


ボタン画像育良精機 多目的金車 IS-3W85

ボタン画像イクラ(IKURA) 多目的金車 IS-3W85

多目的金車は、屋内配線用に開発されてような製品で、
屋内でのケーブル延線作業には、抜群の威力を発揮し、
なおかつ、ケーブルへのダメージを最小限に抑えられるように工夫されてます。
これも、よその電気工事屋さんで使ったことがあるんですが、
本当に良いものだと感じ、私も買おうかと迷ってるところです。
屋内配線工事が多いのなら、持っておくべきでしょう。

 

育良精機(IKURA) シーソー金車


育良精機(IKURA)シーソー金車 IS-CB1


育良精機(IKURA)シーソー金車 IS-CB2


ボタン画像育良精機 シーソー金車 IS-CB1 安全最大荷重14.7kN

ボタン画像育良精機 シーソー金車 IS-CB1


ボタン画像育良精機 シーソー金車 IS-CB2 安全最大荷重19.6kN

ボタン画像育良精機 シーソー金車 IS-CB2

シーソー金車は、ローラーがケーブルの屈曲に合わせて動いてくれるので、
スムーズな延線ができると思います。
でも、あまりにも高すぎて、手が出せない金車です。

 

さてここまでは、育良精機の金車をいろいろ紹介してきましたが、
他社の製品も紹介しておかなくはならないので、
ここから少しですけど、他社の金車を紹介しておきます。

 

ジェフコム(JEFCOM)


ジェフコム(JEFCOM)吊り金車 TKW-10


ジェフコム(JEFCOM)吊り金車 TKW-20


ボタン画像ジェフコム 吊り金車 最大通過物径:60mm TKW-10

ボタン画像吊り金車 TKW-10


ボタン画像ジェフコム 吊り金車 最大通過物径:100mm TKW-20

ボタン画像吊り金車 TKW-20

 

藤井電工(FUJII)


藤井電工(FUJII)吊リ金車 OA-15


藤井電工(FUJII)吊リ金車 OA-20


ボタン画像吊り金車 60mm OA-15 藤井電工(ツヨロン)

ボタン画像藤井電工 吊リ金車 OA-15


ボタン画像吊り金車 100mm OA-20 藤井電工(ツヨロン)

ボタン画像藤井電工 吊リ金車 OA-20

最後は、ジェフコムと藤井電工の吊り金車を紹介してきましたが、
どれを使っても同じようなものだと思いますから、
みなさんの好きなものを使ってください。
でも私は、育良精機の金車をおすすめしますけどね。

スポンサーリンク

 

 



 

(厳選 おすすめ 電気工事の工具)は amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

 

サイトカテゴリ案内

腰道具

電動工具

バッテリーと充電器

圧着・圧縮工具

切削工具

計測機器

入線・延線工具

安全対策用品

エアコン工具

便利な工具

現場の備品