厳選 電気工事の配線チェッカー

電気工事士が厳選した配線チェッカー

電気工事で使う配線チェッカーの紹介です。

 

配線チェッカーもいろいろあって、
停電状態で使うものから、活線をチェックするものまであり、
使い方を間違うと、すぐに壊れてしまいます。

 

通常電気工事で使う配線チェッカーは停電状態で、
片側に発信機を装着して、もう片側でチェックするものです。
これで、どの回路なのかが特定でき、回路改修が行えるようになります。
しかし、回路がわかったとしても、不要となった配線の特定はできないので、
不要線を撤去することは困難です。

 

結果的に、不要なケーブルはそのまま残され、
天井内や壁内に残されたままになり、以降の改修作業などのときに
間違いを産みだす一因となってしまい、迷惑なものとなってしまうので、
出来る限り撤去できるものは撤去しておくべきです。

 

それには、配線ルートなどの確認が必要で、
従来の配線チェッカーでは無理ですから、
配線ルートの確認ができるものが必要になります。

 

そこで私が使ってるのが、配線ルートの特定ができる配線チェッカーで、
これを使えば、まさに配線されてるルートをそのまま辿れるので、
確実に不要線を撤去することができます。

 

不要線を確実に見つけ出すことができれば、必要なケーブルを傷つけることもなく、
無用なトラブルを回避することができてとても便利です。

 

また両端のペアも確実に確認できるので、
1回路すべての配線を安全に撤去することができて、
撤去後は、必要なケーブルのみになりスッキリさせることができ、
お客さんにも喜んでいただけます。

 

建物を扱う電気工事では、お客さんに喜んでもらうことが大切ですし、
それが信頼につながり、新たな受注を生んでくれるかもしれません。

 

改修現場だけでなく、新築現場でも配線後にはベルテストを行うように、
配線のチェックは大切なものです。

 

そのために必要なのが配線チェッカーですから、
1台くらいは、持っておかなくてはならないと考えます。

 

そんな大切な配線チェッカーを紹介しとくので、
必要だと思うものを選んで使ってください。

グッドマン(GOODMAN)

グリーンリー(Green Lee)701K-G
グリーンリー(Green Lee)
トーン プローブ
701K-G

楽天はこちらグリーンリー(Green Lee) 701K-G

Amazonはこちらグリーンリー701K-G

私が配線ルートを特定するのに使ってるのがこれです。
私はアマゾンで買ったんですが、取扱説明書はすべて英語で、
英語が苦手な私には理解できませんでした。
そこでネットで調べたら以前はPDFファイルで取説が公開されていたのですが、
現在はそのPDFファイルも無くなり、取説として公開されているものは無くなってしまいました。
それでも基本的な使い方は、発信機を取付けて受信機で配線を辿って行くだけなので、
少し使えばすぐになれるくらいの簡単なレベルですから、
日々現場で作業されてる方なら、すぐに使いこなせるようになるでしょう。
これのいいところは、配線が重なったり、よれてても確実に辿れるところです。
元々、電話線などの弱電線用に作られたもののようですが、
VVFケーブルやほかのケーブルでも問題なく使うことができます。
すでに私が使って、実証済みですから安心して使えるものです。

 

もう一つは、一般的な配線チェッカーです。

デンサン(DENSAN)

デンサン(DENSAN) SRC-102
デンサン(DENSAN)
配線チェッカー
SRC-102

楽天はこちらデンサン(DENSAN) 配線チェッカー SRC-102

Amazonはこちらデンサン(DENSAN) 配線チェッカー SRC-102

回路確認などは、これを使ってます。
もう永年使ってるので、少しガタがきてるので、
そろそろ買い替えようかと思ってるところです。

 

そして活線に使ってるのがこれです。

戸上電機製作所(Togami Electric)

戸上電機製作所(TogamiEC)TLC-C
戸上電機製作所
スーパーラインチェッカ
TLC-C

楽天はこちら戸上電機製作所 TLC-C

Amazonはこちら戸上電機 スーパーラインチェッカ TLC-C

活線でも使える配線チェッカーとしては、これを使ってます。
戸上電機なんて、あまり聞いた事のないメーカーですが、
この配線チェッカーは優れもので、いろんなチェックができて、とても便利です。
その使い方は、戸上電機のホームページで確認してください。
私の拙い文章力では伝わらないと思うので、
ホームページを見てもらうほうがベストだと考えて、
戸上電機のホームページを紹介しておきました。

 

ここまでが、私が使ってる配線チェッカーでしたが、
このほかにもいくつか紹介しておくので、
自分の仕事に使いやすいものを探してください。

グッドマン(GOODMAN )

グリーンリー(GREENLEE ) 711K
グリーンリー(GREENLEE )
トーン プローブ 711K

グッドマン(Good Man) PTR600
グッドマン(GOODMAN )
ケーブル探索機 PTR600

楽天はこちらグリーンリー(GREENLEE ) 711K

Amazonはこちらグリーンリー 711K

楽天はこちらグッドマン(GOODMAN ) ケーブル探索機 PTR600

Amazonはこちらグッドマン ケーブル探索機PTR600パワートレーサー PTR600

 

配線チェッカー

デンサン(DENSAN)   SRC-100A
デンサン(DENSAN)
スーパールートチェッカー
SRC-100A

マーベル(MARVEL) HC-101
マーベル(MARVEL)
配線チェッカー
HC-101

楽天はこちらデンサン(DENSAN) SRC-100A

Amazonはこちらデンサン(DENSAN) 配線 スーパールートチェッカー SRC-100A

楽天はこちらマーベル(MARVEL) 配線チェッカー HC-101

Amazonはこちらマーベル(MARVEL) 配線チェッカー HC-101

 

活線対応型配線チェッカー

デンサン(DENSAN) SEC-970S
デンサン(DENSAN)
配線チェッカー
SEC-970S

共立電気計器(KYORITSU)  8510
共立電気計器 (KYORITSU)
配線チェッカ
KEW 8510

楽天はこちらデンサン(DENSAN) SEC-970S

Amazonはこちらデンサン(DENSAN) ブレーカー配線チェッカー (活線・死線両対応フルセット) SEC-970S

楽天はこちら共立電気計器(KYORITSU) KEW8510

Amazonはこちら共立電気計器 (KYORITSU) 配線チェッカ KEW 8510

私が使ってるものと、そのほかの配線チェッカーを紹介したが、
死線型配線チェッカーに関しては、私のように二種類を使い分けるのもいいでしょう。
でも、必ずそうしなくてはならないというものでもないので、
使う人が判断すればいいことです。
活線対応型について、私はあえて高いものを選んでます。
この手のものは、後で後悔しやすいものなので、
内容をよく確認した結果、戸上電機のものにしたんですが、
これも、「ここまでの機能は必要ない」と思ったら、ほかのものでも十分でしょう。
最終的に使うのはみなさんですから、自身の仕事内容をよく考えて、
適切だと思うものを選べばいい話です。

他の製品の紹介ページへは、下記のリンクから入れるようにしてあります。

 

テスタはこちら

 

絶縁抵抗計はこちら

 

接地抵抗計はこちら

 

検電器はこちら

 

検相器はこちら

 

レーザー距離計はこちら

 

配線チェッカーはこちら

 

探してる測定機器のページへのリンクをクリックして目的のページへ進んでください。

 



 

(厳選 おすすめ 電気工事の工具)は amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

 

サイトカテゴリ案内

腰道具

電動工具

バッテリーと充電器

圧着・圧縮工具

切削工具

計測機器

入線・延線工具

安全対策用品

エアコン工具

便利な工具

現場の備品