厳選 電気工事のレーザー距離計

電気工事士が厳選したレーザー距離計

電気工事で使うレーザー距離計の紹介です。

 

電気工事の中でも広い工場や倉庫、ホームセンターなどの商業施設など
大きな建物での距離計測に威力を発揮してくれるのがレーザー距離計です。

 

従来は巻尺などを使って一箇所ずつ計ってたものですが、
現場内で簡単に距離を測れるのは、資材搬入前の限られた時間しかありません。
その後は、各種材料や足場材などが搬入され、
現場内は物だらけとなり、巻尺などで距離を計るとなると、
いろんな資材が邪魔になって、距離を測るのも困難になってしまいます。

 

そうなると、図面からの拾い出しという事になりますが、
これも、手間のかかる話ですから、
できれば実際の現場で簡単に距離を測りたいものです。

 

それを可能にしてくれるのがレーザー距離計です。
レーザー距離計なら少々資材が有ったとしても、
その上で計測することができるので、
現場状況にあまり左右されません。

 

また、水平だけでなく、垂直も簡単に図れるし、
面積、容積なども計算してくれるしので、
照度計算に利用したり、エアコンの選定などにも利用できてとても便利です。
レーザー距離計も発売当初は、正確性に欠けるものも少なくなく、
測るたびに、表示される距離が違うなんて製品も多かったものです。

 

私も、発売当初に買ったことがあったんですが、
まさにこんな感じの製品で、まったく使い物にならず、
一度も現場での実測に利用することなく、お蔵入りとなってしましました。

 

それからずっと信用できず、使うことはなかったのですが、
数年前に現場で一緒になった電気工事士さんが使ってるのを見て、
休憩中に話を聞き、実際に計測させてもらったら、
驚くほどの精度で、誤差数ミリ単位なので本当に驚き、
即、その場からネットで注文して今も使ってます。

 

それからは、いろんな電気工事士さんにも紹介して、
多くの方が使い始め、みな一様に満足されてます。

 

距離を測らないときには、ポインターとしても活用できるし、
一台あると、現場での計測も楽になり、
仕事で使うケーブルも無駄なく注文することができるようになり、
ロスカットができて、経費の節減にもつながってます。
ぜひ、みなさんも使ってみてください。

レーザー距離計

ボッシュ(BOSCH)

ボッシュ(BOSCH) GLM7000
ボッシュ(BOSCH)
レーザー距離計
GLM7000

楽天はこちらボッシュ(BOSCH)  GLM7000

AmazonはこちらBOSCH(ボッシュ) レーザー距離計 GLM7000

私が使ってるボッシュのレーザー距離計がこれです。
測定距離は、最大70mで電気工事を行う現場なら、ほとんどこれで計測可能です。
仮にこれ以上の距離が有れば、中間あたりから左右を計測すれば、
最大140mまで計測可能です。
これだけ計測できて、なおかつ面積、体積、ピタゴラスモードで辺測定できるので
とても便利です。
でも、長い距離を測定するには、三脚が不可欠です。

 

エレベーター三脚

ボッシュ(BOSCH) BT150
ボッシュ(BOSCH)
エレベーター三脚
BT150

楽天はこちらボッシュ(BOSCH)軽量アルミ三脚 BT150

AmazonはこちらBOSCH(ボッシュ) 測量用アルミ三脚(気泡管付き) BT150

長い距離を測るときは、手振れして上手く測定できないので
三脚を使って正確に測定することが肝心ですから、
三脚も用意しておくことをおすすめしておきます。

 

続いて、ボッシュのそのほかのレーザー距離計も紹介しておきます。

レーザー距離計

ボッシュ(BOSCH) GLM50C
ボッシュ(BOSCH)
レーザー距離計
GLM50C

ボッシュ(BOSCH) GLM150C
ボッシュ(BOSCH)
レーザー距離計
GLM150C

楽天はこちらボッシュ(BOSCH) GLM50C

AmazonはこちらBOSCH(ボッシュ) データ転送レーザー距離計 GLM50C

楽天はこちらボッシュ(BOSCH) GLM150C

Amazonはこちらボッシュ(BOSCH) レーザー距離計 GLM150C

 

ボッシュ(BOSCH) GLM100C
ボッシュ(BOSCH)
レーザー距離計
GLM100C

ボッシュ(BOSCH) GLM250VF
ボッシュ(BOSCH)
レーザー距離計
GLM250VF

楽天はこちらボッシュ(BOSCH) GLM100C

AmazonはこちらBOSCH(ボッシュ) データ転送レーザー距離計 GLM100C

楽天はこちらボッシュ(BOSCH) GLM250VF

AmazonはこちらBOSCH(ボッシュ) レーザー距離計  GLM250VF

仕事で使えるボッシュのレーザー距離計を紹介しましたが、
長い距離を測れるものや、ほかの機能が付いたものなど
シーンに応じて選べるライナップになってます。
また、このほかに、測定距離は短いが、低価格のものもあります。
測定距離が短いものでも、天井内や床下などでの測定には便利でしょう。

 

次は、マキタのレーザー距離計を紹介しておきます。

マキタ(makita)

マキタ(makita) LD030P
マキタ(makita)
レーザー距離計
LD030P

マキタ(makita) LD080PI
マキタ(makita)
レーザー距離計
LD080PI

楽天はこちらマキタ(makita) レーザー距離計 LD030P

Amazonはこちらマキタ(makita)  レーザー距離計 LD030P

楽天はこちらマキタ(makita)  LD080PI

Amazonはこちらマキタ(Makita) レーザー距離計 LD080PI

マキタのレーザー距離計ですが、
私は使ったことが無いので、何ともコメントできませんが、
距離測定だけをとれば、ボッシュのものと同じようなものだと推察できます。

 

次は、日立工機(HiKOKI)のレーザー距離計を紹介しておきます。

日立工機(HiKOKI)

日立工機(HiKOKI) UG50Y
日立工機(HiKOKI)
レーザー距離計
UG50Y

楽天はこちら日立工機(HiKOKI) レーザー距離計 UG50Y

Amazonはこちら>HiKOKI(旧日立工機) レーザー距離計 UG50Y

日立工機(HiKOKI)のレーザー距離計も使ったことがないので、
使用感などは、各サイトのレビューを参考にしてください。

 

次は、タジマのレーザー距離計です。

タジマ(tajima)

タジマ(tajima)LKTF05R
タジマ(tajima)
レーザー距離計
LKTF05R

タジマ(tajima)LKT-F02R
タジマ(tajima)
レーザー距離計
LKT-F02R

楽天はこちらタジマ(tajima)レーザー距離計 LKT-F05R

Amazonはこちらタジマ(tajima) LKT-F05R

楽天はこちらタジマ(tajima)LKT-F02R

Amazonはこちらタジマ(tajima) LKT-F02R

タジマのレーザー距離計ですが、
現場で使うなら、ある程度の距離が測れないと使う意味がないので
測定距離50mと40mの二つに絞って紹介しました。

 

次は、リョービのレーザー距離計です。

リョービ(RYOBI)

リョービ(RYOBI)LDM-600
リョービ(RYOBI)
レーザー距離計
LDM-600

リョービ(RYOBI)LDM-500
リョービ(RYOBI)
レーザー距離計
LDM-500

楽天はこちらリョービ(RYOBI) LDM-600

Amazonはこちらリョービ(RYOBI) レーザー距離計 LDM-600 688900A

楽天はこちらリョービ(RYOBI) LDM-500

Amazonはこちらリョービ(RYOBI) レーザー距離計 LDM-500

ボッシュマキタタジマリョービのレーザー距離計を紹介しましたが、
冒頭でも書いたように、私はボッシュGLM7000を使ってるので、
ほかのメーカー品に関してコメントできませんので、
後はみなさんで判断してください。

他の製品の紹介ページへは、下記のリンクから入れるようにしてあります。

 

テスタはこちら

 

絶縁抵抗計はこちら

 

接地抵抗計はこちら

 

検電器はこちら

 

検相器はこちら

 

レーザー距離計はこちら

 

配線チェッカーはこちら

 

探してる測定機器のページへのリンクをクリックして目的のページへ進んでください。

 



 

(厳選 おすすめ 電気工事の工具)は amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

 

サイトカテゴリ案内

腰道具

電動工具

バッテリーと充電器

圧着・圧縮工具

切削工具

計測機器

入線・延線工具

安全対策用品

エアコン工具

便利な工具

現場の備品