厳選 電気工事のケーブルストリッパー

電気工事士が厳選したケーブルストリッパー

電気工事で使うケーブルストリッパーの紹介ですが、
ケーブルストリッパーも使い方を誤ると、
内側のシースに傷を付けてしまったりするので注意が必要です。

 

また、各メーカーからいろんなタイプのものが販売されてるので、
選ぶものによって使い方も違ってくるので、
製品の特性を知っておかないと、思いと違ったものを買ってしまうことになり、
無駄な出費になってしまします。

 

このご時勢ですから極力無駄な出費を抑えて、
最大限の仕事をし、利益率を上げることを考えるべきでしょう。

 

とは言うものの、必要な物は必要ですから、
しっかりと製品の内容を確認して購入することが大切になるのですが、
仮に、自分が思ってたものと違った場合は、
フリマやオークションなどに出品すれば、
製品の半分くらいで落札されるかもしれませんから、
試しに出品してみるのも一つの手です。

 

最初から、失敗するのを前提のようなことを書きましたが、
このページで紹介するものは、そんな失敗をする心配もありません。
実際に現場作業で使ってるものを紹介するんですから、
使用実績に基づいた物を紹介してるんですから、
失敗のしようがありません。

 

ケーブルストリッパーは構造も単純で使い方で迷うことは無いと思いますが、
もし、使い方が解らないという人が居たら、
次のサイトを見れば理解できると思います。

 

実践 電気工事

 

このサイトは、ど忘れしたときなんかに私も時々見させてもらってるサイトです。
電気工事に関するいろんな情報が書かれてるので、役立つサイトだと思いますから、
ブックマークしとくといいでしょう。

 

ケーブルストリッパーの使い方を理解したところで、
私が使ってるものから紹介しとくので、
気になるものを確認してください。

デンサン(DENSAN)

デンサン(DENSAN)ND-800
デンサン(DENSAN)
ケーブルストリッパー
ND-800

デンサン(DENSAN)CVS40
デンサン(DENSAN)
ケーブルストリッパー
CVS-40

楽天はこちらデンサン DENSAN ケーブルストリッパー ND-800

Amazonはこちらデンサン(DENSAN) ケーブルストリッパー ND-800

楽天はこちらデンサン ケーブルストリッパー CVS-40

Amazonはこちらジェフコム(JEFCOM) ケーブルストリッパー CVS-40

私が使ってるケーブルストリッパーですが、
ND-800は、腰袋に入れて常に持ち歩いてます。
なんだかんだと、ケーブルのストリップ作業も多いので、
一々取りに戻るのも面倒ですし、腰袋に入れてても邪魔にならないので、
いつでも使えるように携行してます。
CVS-40は、主に太物幹線用に使ってるんですけど、
長年使ってて、久しぶりに調べてみたら、こんなに高かったかなと思いました。
なんだか、すごく値上がりしてるような・・・

 

続いては、ほかのメーカーの同様なケーブルストリッパーを紹介しておきます。

ケーブルストリッパー

ロブテックス(LOBSTAR)CS28
ロブテックス(LOBSTAR)
ケーブルストリッパー
CS28

ベッセル(VESSEL)3700KM
VESSEL(ベッセル)
ケーブルストリッパー
3700KM

楽天はこちらロブテックス(LOBSTAR) CS28

Amazonはこちらロブテックス(LOBSTAR) CS28

楽天はこちらベッセル(VESSEL) 3700KM

Amazonはこちらベッセル(VESSEL) No.3700KM

ロブテックスとベッセルのケーブルストリッパーを見てもらいましたが、
このほかにもたくさん有るんですけど、
価格などを考慮したら、このあたりがお手頃かなと思って、
掲載しておきました。

 

次は、ケーブルストリッパーの中でも変り種の製品です。

タジマツール(tajima)

タジマ(tajima)DK-MC40
タジマツール(tajima)
ムキチョッパ
DK-MC40

タジマ(tajima)DK-MC40L
タジマツール(tajima)
ムキチョッパ
DK-MC40L

楽天はこちらタジマ(tajima) DK-MC40

Amazonはこちらタジマ(tajima) DK-MC40

楽天はこちらタジマ(tajima) DK-MC40L

Amazonはこちらタジマ(tajima) DK-MC40L

最後はタジマツールのムキチョッパというケーブルストリッパーでしたが、
これは、使ってるところを見たことがありますが、
慣れないとちょっと使いにくいかもしれません。

 

でも使ってる人に聞くと、
「けっこう使えるよ」と言ってたので、慣れたら使いやすいのかもしれません。
ですから、私の判断だけでは決められないので、
最終的な判断はみなさんに委ねさせてもらいます。

 



 

(厳選 おすすめ 電気工事の工具)は amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

 

サイトカテゴリ案内

腰道具

電動工具

バッテリーと充電器

圧着・圧縮工具

切削工具

計測機器

入線・延線工具

安全対策用品

エアコン工具

便利な工具

現場の備品