厳選 電気工事の圧着・圧縮工具

電気工事士が厳選した圧着・圧縮工具

電気工事に不可欠なケーブル接続に必要な
圧着圧縮工具厳選して紹介しています。

 

電気工事では、ケーブルの接続は必ず行わなくてはならない作業です。
そのときに必要となるのが、いろんな圧着工具圧縮工具ですが、
その種類も多いし、どの接続材料のときに使うのかもなかなか覚えられないものです。

 

最近はVVFケーブルなどのジョイントでは、
WAGOに代表されるような、差込型コネクタを用いることが多く、
この分野での圧着作業は少なくなりました。

 

電気工事士技能試験でも、差込型コネクタを使用するように指定されてるくらいですから、
すっかり電気工事の中に浸透しました。

 

それでも、すべてのものを差込型コネクタでまかなえるわけではなく、
リングスリーブを使って圧着しなくてはならない場合もあり、
圧着工具が必要なくなったわけでは有りませんから、
電気工事士として現場に立つ以上必要な工具です。

 

また、T型コネクタや絶縁閉端子のように、
圧縮して接続するものもあり、それらも大小さまざまですから、
それに見合った圧縮工具が必要です。

 

ここで、簡単に圧着工具圧縮工具の違いを書いておきます。
圧着工具の場合は、圧着ダイスがオス、メスに分かれてて、
圧着すると、オスダイスで押しつぶして圧着します。
また、メスダイスには刻印が刻まれてて、
どのダイスで圧着したのかを確認することができるようになっています。

 

これに対して、T型コネクタなどで行う圧縮作業に用いる工具は、
双方ともメスダイスで、圧着工具のように押しつぶすのではなく、
両方からまさに圧縮してケーブルを接続します。
このように圧着と圧縮とはまったく別物だと覚えておいてください。

 

これを覚えて、各工具を見ると、使い方も理解できると思いますので、
その使い方を思い出しながら、適切なものを選ぶようにしてください。

 

またこのカテゴリーでは、ケーブルの切断に必要なケーブルカッターや、
ケーブルのシースを剥がすのに使う、VVFストリッパーやケーブルストリッパーなど、
ケーブル接続に関連する工具も紹介しておきますから、
必要な人は、確認してください。

 

どれも、私が実際に使ってるものや、使ったことがあるものを中心に紹介してるので、
間違いないものばかりなのでゆっくりと比較検討してから購入するか判断してください。
最終的に使うのはみなさん自身ですから、納得できるものを選ぶことが大切です。

 



 

(厳選 おすすめ 電気工事の工具)は amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

 

サイトカテゴリ案内

腰道具

電動工具

バッテリーと充電器

圧着・圧縮工具

切削工具

計測機器

入線・延線工具

安全対策用品

エアコン工具

便利な工具

現場の備品