厳選 電気工事の電動工具(レシプロソー)

電気工事士が厳選した電動工具(レシプロソー)

電気工事だけでなくほかの業種の方も多く使ってるレシプロソーですが、
たくさんのメーカーから販売されてるので、
性能などの比較をして仕事内容に最も適したものを選ぶのもなかなか大変な作業です。

 

便利な工具なのは当然ですが、用途はものを切るだけなので、
必要性を感じない人も居るようで、
電気工事士や電気工事会社の中には、持っていないところも時々見かけます。

 

では、電気工事の中でどんな場面で活躍してくれるのか具体的に紹介しましょう。

 

電気工事を行う新築現場ではあまり出番がありません。
どちらかというと改修工事の現場で使うことが多いと思います。

 

電気系統の改修や増設の現場では、
新たな系統を追加するのに不要となった配管やケーブルラックの撤去を行う必要があり、
不要な配管やケーブルラックなどを切断して撤去するときにレシプロソーが役立ちます。

 

作業場所が広ければパワーカッターやディスクグラインダーを使って
切断することができますが、
パイプシャフト内のように作業場所が狭く、
電気の配管やほかの配管が混在して密接してるところでは、
先に挙げたような工具では作業することができませんが、
レシプロソーなら刃が入る隙間があれば切断することができます。

 

仮にレシプロソーが無ければ、
金鋸など使って手作業で切断するなどほかの手段を考えなくてはありません。
手作業で切断するとなると時間も掛かるし、何より疲れます。
(>_<;)
それも数が少なければいいですが、
数が多くなると気分的にも滅入ってしまうし、
作業効率も低下してしまうので作業に掛かる時間も長引くことになり、
その後の作業にも影響を及ぼすことになり、
予定通りに作業を終えることができなくなる可能性が高くなります。

 

レシプロソーが有れば、短時間で切断することができるので、
作業時間も短くなって予定通りに作業をする目ることができるので、
気分的にも余裕ができて集中して作業できるので、
安全面にも十分配慮出来て安全作業を続けることができると思います。

 

レシプロソーを購入するのに数万円の出費は必要ですが、
後のことを考えたら持っておくべきでしょう。

マキタ(makita)

充電レシプロソー

マキタ(makita) JR187DZK
マキタ(makita)
充電式レシプロソー
JR187DZK(本体+ケース)

楽天はこちらマキタ(makita) JR187DZK(本体+ケース)

Amazonはこちらマキタ(Makita) JR187DZK

今主として使ってるレシプロソーがマキタの充電式のレシプロソーです。
充電式なので電源の無い所でもすぐに作業できるので、とっても便利です。
(^-^)/
これもご多分に漏れず、本体とケールだけを購入して使っています。
バッテリーや充電器は、ほかの工具のものを使うから必要ないので、安く買うことができますよ。
(^^)
私は本体が細いタイプを使っていますが、少し本体は大きいけど安いモデルもあるので紹介しておきます。

 

18V 充電レシプロソー

マキタ(makita) JR188DZK
マキタ(makita)
18V 充電式レシプロソー
JR188DZK(本体+ケース)

マキタ(makita) JR188DRG
マキタ(makita)
18V 充電式レシプロソー
JR188DRG


楽天はこちらマキタ(makita) JR188DZK(本体+ケース)

Amazonはこちらマキタ(Makita) JR188DZK


楽天はこちらマキタ(makita) JR188DRG

Amazonはこちらマキタ(Makita) JR188DRG

私が使っているモデルと少し違って、持ち手にあたる部分が大きいので若干狭い所で使いにくそうなので、私は100V電源式のように細いものを選んだんですが、こちらのほうが若干価格が安いので、それなりの評価は受けているようです。

 

次に紹介するのは、小型の充電レシプロソーです。

14.4V 充電レシプロソー

マキタ(makita) JR184DZ(本体のみ)
マキタ(makita)
18V 充電式レシプロソー
JR184DZ(本体のみ)

マキタ(makita) JR184DRF
マキタ(makita)
18V 充電式レシプロソー
JR184DRF

楽天はこちらマキタ(makita) JR184DZ(本体のみ)

Amazonはこちらマキタ(Makita) JR184DZ


楽天はこちらマキタ(makita) JR184DRF

Amazonはこちらマキタ(Makita) JR184DRF

本体サイズは小型でも使用バッテリーは18Vなので、それなりのパワーはあると考えられますが、切断能力を見るとあまり実用的ではないように思われます。
カタログにもあるように庭木の枝切に使ったり不用品を細かく切断して一般ゴミとして出せるサイズにしたりすぐのに使うと便利かもしれません。

 

さてここまでは、マキタ(makita)の充電レシプロソーを紹介しましたが、続いて100V電源式レシプロソーも紹介しておきますので、ご覧ください。

 

マキタ(makita)

100V電源式 レシプロソー


マキタ(makita)
レシプロソー
JR3050T
マキタ(makita) JR3050T

マキタ(makita) JR1000FT
マキタ(makita)
小型レシプロソー
JR1000FT

楽天はこちら

Amazonはこちらマキタ(Makita) JR3050T

楽天はこちらマキタ(makita) JR1000FT

Amazonはこちらマキタ(Makita) JR1000FT

パワーと連続作業という点では、100V電源式のほうが優れていると思いますが、電気工事で使うなら機動性を重視するほうが良いと思って私は主として充電レシプロソーを使っていますが、電源が容易に確保できて連続作業を行うときは100V電源式をっ使うようにしています。
作業ごとに使い分けることで、作業時間も変わってくるし、疲れも少しは軽減できると思いますので、みなさんも上手に使い分けてください。

 

次は、ハイコーキ(HiKOKI)のセーバーソーを紹介しておきます。

 

ハイコーキ(HiKOKI)

コードレスセーバソー

ハイコーキ(HiKOKI) CR18DBL(NN)(本体のみ)
ハイコーキ(HiKOKI)
18V コードレスセーバソー
CR18DBL(NN)(本体のみ)

ハイコーキ(HiKOKI) CR18DBL(LXPK)
ハイコーキ(HiKOKI)
18V コードレスセーバソー
CR18DBL(LXPK)


楽天はこちらハイコーキ(HiKOKI) CR18DBL(NN)(本体のみ)

Amazonはこちらハイコーキ(HiKOKI) CR18DBL(NN)


楽天はこちらハイコーキ(HiKOKI) CR18DBL(LXPK)

Amazonはこちらハイコーキ(HiKOKI) CR18DBL(LXPK)

ハイコーキ(HiKOKI)だけは他社と呼び名が違って「セーバーソー」と名付けています。
呼び名が違っても機能も用途もレシプロソーと同じなので、性能は他社製品と簡単に比較できますし、そんな中でも紹介してるのは、現場でも時々見かけるものなので、性能的に問題ないものだと考えられます。

 

10.8V コードレスセーバソー

ハイコーキ(HiKOKI) CR10DL(NN)(本体のみ)
ハイコーキ(HiKOKI)
10.8V コードレスセーバソー
CR10DL(NN)(本体のみ)

ハイコーキ(HiKOKI) CR10DL(LCSK)
ハイコーキ(HiKOKI)
10.8V コードレスセーバソー
CR10DL(LCSK)


楽天はこちらハイコーキ(HiKOKI) CR10DL(NN)(本体のみ)

Amazonはこちらハイコーキ(HiKOKI) CR10DL(NN)(本体のみ)


楽天はこちらハイコーキ(HiKOKI) CR10DL(LCSK)

Amazonはこちらハイコーキ(HiKOKI) CR10DL(LCSK)

小型10.8Vのコードレスセーバーソーでしたが、想像ですがおそらく現場作業ではほとんど使うことが無いと思います。
現場作業で、10.8V程度のパワーでは、パワー不足だと思うし、バッテリーを頻繁に交換しなくては使い物にならないと思われるので、あまり実用的とは言えないと考えられます。

 

次は、ハイコーキ(HiKOKI)の100V電源式のセーバーソーを紹介しておきます。

 

ハイコーキ(HiKOKI)

100V電源式 セーバーソー

ハイコーキ(HiKOKI) CR13VBY2
ハイコーキ(HiKOKI)
電子セーバソー
CR13VBY2

ハイコーキ(HiKOKI) CR13V2
ハイコーキ(HiKOKI)
電子セーバソー
CR13V2

楽天はこちらハイコーキ(HiKOKI) CR13VBY2

Amazonはこちらハイコーキ(HiKOKI) CR13VBY2


楽天はこちらハイコーキ(HiKOKI) CR13V2

Amazonはこちらハイコーキ(HiKOKI) CR13V2

ハイコーキ(HiKOKI)の100Vセーバーソーは、電気工事業者だけじゃなくいろんな業種の方が使っている工具として多くの方から支持されているものなので、今更私がクドクドと書く必要もないですよね。
価格的にもお手頃な価格なので、おすすめできるものだと思います。

 

最後にパナソニック(Panasonic)の充電レシプロソーを紹介しておきます。

 

パナソニック(Panasonic)
充電レシプロソー

パナソニック(Panasonic) EZ45A1X-H(本体のみ)
パナソニック(Panasonic)
充電式レシプロソー
EZ45A1X-H(本体のみ)

パナソニック(Panasonic) EZ45A1LJ2G-H
パナソニック(Panasonic)
充電式レシプロソー
EZ45A1LJ2G-H


楽天はこちらパナソニック(Panasonic) EZ45A1X-H(本体のみ)

Amazonはこちらパナソニック(Panasonic) EZ45A1X-H(本体のみ)


楽天はこちらパナソニック(Panasonic) EZ45A1LJ2G-H

Amazonはこちらパナソニック(Panasonic) EZ45A1LJ2G-H

パナソニック(Panasonic)の充電工具を使ってる人も多く見かけますので、そんな方にはやはりパナソニックの充電レシプロソーをおすすめしておきます。
私なら、本体だけを選択して、購入価格を抑えることを考えますが、セット品を探してた方は、セット品をお選びください。

 

種類としては、この1種類なのですが、後はバッテリーの種類によって型番が変わってきますので、ほかのバッテリー付属のものをご覧になるには、Amazonのサイトをご覧ください。



 



 

(厳選 おすすめ 電気工事の工具)は

amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

 

サイトカテゴリ案内

腰道具

電動工具

バッテリーと充電器

圧着・圧縮工具

切削工具

計測機器

入線・延線工具

安全対策用品

エアコン工具

便利な工具

現場の備品