厳選 エアコン工事に必要なチャージングスケール

電気工事士が厳選したチャージングスケール

スマートホン検索で当サイトを見ると
こんな表示が出ますが、全く別のサイトです。
これは、検索エンジン側が勝手に出しているもので、対象となっているサイトとは内容も異なり、改変などしていないことは一目瞭然です。
他人のサイトにこんな表示を出すのであれば、サイト内容まで精査してもらいたいものです。
凸(`皿´#) 

スポンサーリンク

エアコンガスチャージに必要なチャージングスケールを紹介します。

 

エアコンの取付だけなら必要ないものですが、仮に冷媒ガス漏れで運転できなくなったエアコンの修理を依頼されたら、不良箇所を見つけて改修し、最後に冷媒ガスを再充填しなくてはなりません。
そのときに必要なのがチャージングスケール(秤)です。

 

今使われてるR410aR32等々の冷媒ガスは、
規定量を守らなくては、熱交換能力を発揮することができないばかりか、量を間違うとコンプレッサーなどに過度な負荷が掛かって、機械不良の原因となってしまいかねないので注意が必要です。

 

昔のR22フロンガスの時には、運転電流を測定しながら冷媒を充填するなんてことも行われてたようですが、R22フロンガスが使用禁止になり、代替フロンとして登場した現在の冷媒ガスでは、厳密に充填量が決められていて、それを守らないと、せっかくのエアコンも宝の持ち腐れになってしまい、お客さんにも多大な迷惑を掛けることになり、仮に機械が壊れれば修理費用を全額負担しなくては、ならないことにもなりかねず、お互い何も得るものが無くなってしまうし、こちらは信頼というもっとも大切なものを無くすことになってしまいます。

 

ちょっと漏れただけだから、少し充填すれば大丈夫だ

 

という安易な考え方で冷媒ガスを補充するのは、あまりにもリスクの大きな話だと私は思いますので、チャージングスケールへの出費は、必要経費だと考えています。

 

修理依頼のほかに、新規で取付けてエアコンが同じような状態になったときにも、チャージングスケールを使ってガスチャージすれば、
自分が現場に赴き、その場で対処できるので、お客さんを待たせることもなく、無用なトラブルを回避することにもなるでしょう。

 

仮に、自分でチャージできず、メーカーに修理依頼すれば、夏場ならさらに2〜3日後の対処となってしまい、暑い夏場にエアコンが使えない不快感をお客さんに強いることになり、その間に、お客さんの感情も高ぶることにもなり、いわれの無い、トラブルに発展することも考えておかなくてはならないでしょう。

 

お客さんも普通の感情の持ち主ばかりとは限りませんし、中には、こちらの非をついて恐喝まがいの行為に及ぶ輩もいるので、本当に注意が必要です。

 

そんな無用なトラブルも、素早い対応をすることで、人の感情も静まるものですから、素早い対応をするためにも、チャージングスケールは必要な機材だと思うので、ぜひ持ってもらいたい機材です。

タスコ(TASCO)

★高精度エレクトロニックチャージャー

タスコ(TASCO)TA101CA
タスコ(TASCO)
チャージングスケール
TA101FB

楽天はこちらタスコ(TASCO) TA101FB

Amazonはこちら

私が使ってるチャージングスケールがこれです。
いってみれば、一番単純なチャージングスケールで、冷媒ガスボンベを秤の上に載せ、充填前の重量を確認し、規定量分減るまで、ガスチャージを行えば完了ですから、冷媒ガスチャージ自体は簡単な作業です。
規定量の確認は室外機横のラベルに表示されてるので、
ガスチャージを開始する前に確認するように!

 

続いてタスコのほかのチャージングスケールを紹介しておきます。

★高精度エレクトロニックチャージャー

タスコ(TASCO) TA101CB
タスコ(TASCO)
チャージングスケール
TA101CB

タスコ(TASCO)TA101KA
タスコ(TASCO)
チャージングスケール
TA101KA

楽天はこちらタスコ(TASCO) TA101CB

Amazonはこちら

楽天はこちらタスコ(TASCO)TA101KA

Amazonはこちら

タスコの別のチャージングスケールでしたが、
私が使ってるものと基本的には、同じ性能だと考えてください。
ただ少しサービスポートが付いてたりするのと、グレードが上だというだけなので、
私は、あえて高い買い物をする必要はないと思ってます。

 

次は、フソーのチャージングスケールを紹介しておきます。

フソー(FUSO)

FUSO-50F
フソー(FUSO)
チャージングスケール
FUSO-50F

FUSO-50H
フソー(FUSO)
チャージングスケール
FUSO-50H

楽天はこちらFUSO-50F

Amazonはこちら

楽天はこちらFUSO-50H

Amazonはこちら

フソーのチャージングスケールでした。
続いて、BBKのチャージングスケールを見てください。

BBKテクノロジーズ

BBK BS500
BBKテクノロジーズ
チャージングスケール
BS-500

BBK LMC-200
BBKテクノロジーズ
ポータブルスケール
LMC-200

楽天はこちらBBK BS500

Amazonはこちら

楽天はこちらBBK LMC-200

Amazonはこちら

主要3社のチャージングスケールを紹介しましたが、簡単なガスチャージだったら私が使ってるもので十分だと思いますし、キッチリデータを残したりしなくてはならないなら、それなりのものを使うようにしてください。

 

最低でも私が使ってるものくらいは持っておかかないと、「まさか」という坂を転げ落ちてしまうかもしれないので、注意してください。

スポンサーリンク



 



 

(厳選 おすすめ 電気工事の工具)は

amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

 

サイトカテゴリ案内

腰道具

電動工具

バッテリーと充電器

圧着・圧縮工具

切削工具

計測機器

入線・延線工具

安全対策用品

エアコン工具

便利な工具

現場の備品