厳選 エアコン工事に必要な真空ポンプ

電気工事士が厳選した真空ポンプ

エアコン取付工事に必要な真空ポンプを紹介します。

 

エアコンの取付を行うなら真空ポンプが必須工具なのは、誰でも知ってることです。

 

しかし、いまだに一部の職人さんはエアパージで取付てる人がいるようです。
仮に取付当初は、正常に運転してたとして、
数日、数週間、数ヶ月と使っててるうちに調子が悪くなり、
エアコンの運転が止まって修理依頼したとしても、
無償修理とはならず、すべて有償修理となる可能性が高いです。

 

現在、エアコンの冷媒に使われてる「R410a」や「R32」などは、
不純物が混入すると変質しやすい性質を持ち、
仮に配管内に酸素が残ってるとそれと結合して変質し、
冷媒の役目を果さなくなってしまい、
結果的にコンプレッサーに過剰な負荷が掛かり、故障してしまうのです。

 

エアパージでエアコンを取付けた場合、配管内に酸素が残る可能性が高く、
故障のリスクも格段に上がってしまうんです。

 

メーカーの取付説明書にも明確に書かれてるように、
真空ポンプを使うのが常識です。
ですから現在のエアコン取付では、真空ポンプは必須工具なのです。
こんなことは、少しエアコンの取付を行ってる人なら知ってて当たり前の話で
今更書くこともないんですけど、
たまに、新人さんから疑問を投げかけられることがあるのであえて書きました。

 

これで、なぜ真空ポンプが必要なのかわかったと思うので、
これからみなさんが探す真空ポンプの中にどんなものがあるのか、
私が使ってるものも含めていくつか紹介しておきます。

タスコ(TASCO)

小型ツーステージ真空ポンプTA150RB
タスコ(TASCO)
真空ポンプ
TA150RB


ボタン画像TASCO(タスコ)オイル逆流防止弁付小型高性能ツーステージ真空ポンプTA150RB

Amazonはこちらタスコ(TASCO) TA150RB 真空ポンプ

私が使ってる真空ポンプです。
ほかのものに比べて、安いし、
業務用の7Hpまで対応なので、時々業務用エアコンも扱う
私の仕事内容にはピッタリですが、少し重い(6kg)のが玉に瑕で、
もう少し軽くなればいうことないんですが、この値段なら致し方ないでしょう。

 

家庭用ルームエアコンの取付だけなら、
もっと軽くて安いものもあるし、バッテリー式のものもあるので、
仕事内容に合わせて、選べばいいと思うけど、
やっぱりある程度の範囲に対応できるものを選ぶべきでしょう。
いずれは、業務用エアコンを取扱うことも考えておくべきです。
続いて、小型真空ポンプを紹介しておきます。

★ミニ真空ポンプ

タスコ(TASCO) TA150SV
タスコ(TASCO)
ウルトラミニ真空ポンプ
TA150SV

タスコ(TASCO) TA150SV
タスコ(TASCO)
ミニ真空ポンプ
TA150SB-2

楽天はこちらタスコ(TASCO) TA150SV

Amazonはこちらタスコ(TASCO) 真空ポンプ TA150SV

楽天はこちらタスコ(TASCO) TA150SB-2

Amazonはこちらタスコ(TASCO) TA150SB-2

家庭用ルームエアコンの取付だけなら、この真空ポンプで十分でしょう。
小型で軽くて持ち運びに便利だし、現場への持ち込みも楽だし、
数多くルームエアコンを取付ける量販店の取付をしてる人にも最適でしょう。
最近は、少し器用な人がDIYで自宅のエアコンを取付たりしてるようですが、
そんな人にもおすすめの真空ポンプです。

 

次は、業務用エアコンまでカバーできる真空ポンプを紹介しておきます。

★業務用機器むき真空ポンプ

☆業務用エアコン用に最適

タスコ(TASCO)TA150TV
タスコ(TASCO)
真空ポンプ
TA150TV

タスコ(TASCO)TA150VX
タスコ(TASCO)
真空ポンプ
TA150VX

楽天はこちらタスコ(TASCO) TA150TV

Amazonはこちらタスコ(TASCO) 高性能ツーステージ真空ポンプ TA150TV

楽天はこちらタスコ(TASCO) TA150VX

Amazonはこちらタスコ(TASCO) TA150VX

業務用エアコンの取付には、この二つが使いやすいでしょう。
TA150TVは、知り合いの電気工事士さんが使ってるので、使ったことがあります。
適応範囲が15Hp程度までとなってるのにその軽さは驚異的です。
通常このクラスのものだと、10kgもしくはそれ以上とかなり重いのに対して、
TA150TVはその半分程度の5.6kgしかありませんから、
持ち運びも楽だし、作業的にも抜群なので、私も欲しいと思ったんですが、
その値段を見てビックリしましたが、
どうせ買うなら作業が楽になるこれはおすすめだと思います。
一方、TA150VXは、室外機をビルの屋上などに設置して、
配管距離が長いときなどの、長時間運転が可能なタイプです。
ただし、本体がやたら重いので、持ち運びが多い現場には不向きでしょう。

 

次は、充電式の真空ポンプを紹介しておきます。

★充電式真空ポンプ

タスコ(TASCO)TA150MR-N
タスコ(TASCO)
充電真空ポンプ
TA150MR-1

タスコ(TASCO)TA150ZP-N
タスコ(TASCO)
充電真空ポンプ
TA150ZP-N

楽天はこちらタスコ(TASCO) TA150MR-1(本体のみ)

タスコ(TASCO) 充電式真空ポンプ本体 TA150MR-1

楽天はこちらタスコ(TASCO) TA150ZP-1(本体のみ)

タスコ(TASCO) TA150ZP-1

タスコの充電式真空ポンプを紹介しましたが、
多くの人は、タスコの充電工具など使ってないでしょうから、
標準セットを選択するしかないと思いますので
どうしても割高な買い物になってしまうので、私はおすすめしません。
ですからここではあえて、(本体のみ)の商品を紹介しておきました。

 

次は、マキタとパナソニックの充電式真空ポンプを紹介しておきます。

マキタ(makita)/パナソニック(Panasonic)

タスコ(TASCO)VP180DZ(本体のみ)
マキタ(makita)
充電真空ポンプ
VP180DZ

パナソニック(Panasonic)EZ46A3X-B 本体のみ
パナソニック(Panasonic)
充電真空ポンプ
EZ46A3X-B

楽天はこちらマキタ(makita) VP180DZ(本体のみ)

Amazonはこちらマキタ(Makita)  充電式真空ポンプ VP180DZ

楽天はこちらパナソニック(Panasonic) EZ46A3X-B(本体のみ)

Amazonはこちらパナソニック(Panasonic) 充電デュアル真空ポンプ EZ46A3X-B

マキタとパナソニックの充電式真空ポンプを紹介しました。
この2社の充電工具を使ってる人は多いと思うので、
本体のみを紹介しておきました。
充電器やバッテリーは、ほかのものと共用で使えばいいですからね。

 

この充電式真空ポンプは、電源を引っ張る必要がないので、
室外機屋根置きなどのように、電源を引っ張るのが面倒なときには、
抜群の威力を発揮してくれると思いますが、真空能力が低いので、
新規ルームエアコン取付専用だと考えておいたほうが無難です。

 

真空ポンプにもいろんなタイプがあり、
真空能力もさまざまなので、仕事に見合ったものを適切に使って、
確実な真空作業を心掛けたいものです。

 



 

(厳選 おすすめ 電気工事の工具)は amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

 

サイトカテゴリ案内

腰道具

電動工具

バッテリーと充電器

圧着・圧縮工具

切削工具

計測機器

入線・延線工具

安全対策用品

エアコン工具

便利な工具

現場の備品